無添加が普通

ドッグフードの中には、添加物をたっぷりと混ぜて使用している種類も存在しています。特に外国製や価格が極端に安い物には添加物が使用されていることが多いでしょう。プレミアムドッグフードであれば、添加物が使用されていないのが一般的なのですもし使用されていたとしたら、それは名前だけで、実際にはプレミアムドッグフードではないということになります。名前だけではない、無添加なドッグフードを選ぶようにしてあげましょう。

添加物の種類にもいろいろあるのですが、中には犬の健康を害するような物が入っている可能性もあるのです。そこで添加物が使用されていないことがわかるように、成分表示がきちんと記載されている種類を選ぶようにしましょう。もちろん成分をきちんと確認しておく必要もあります。ドッグフードによく使われている添加物の名前もある程度覚えておくとよいでしょう。

そして総合栄養食の表示がある物を選ぶことも重要です。なぜならペットフード公正取引協議会という機関が定めた栄養基準をしっかりとクリアしている証しだからです。他にもいくつか注意点があるのですが、それは犬の体調をしっかりと観察することです。しっかりと観察しておけば、犬の体調が悪くなった場合に、ドッグフードが原因ではないかと気がつく可能性もあります。

高タンパクな物が主流

よくプレミアムドッグフードという言葉を聞くことがあるのですが、このプレミアムドッグフードと一般的なドッグフードでは何が異なっているのでしょうか。基本的には一緒なのですが、プレミアムドッグフードの場合には、犬にとって必要な栄養素が豊富に含まれている種類のことを指す場合が多いでしょう。特に犬に必要な栄養素がタンパク質です。そんなタンパク質の中でも、動物性タンパク質が重要になります。

プレミアムドッグフードの場合には、この動物性タンパク質がしっかりと含まれているのが一般的です。タンパク質は動物の成長には欠かせない成分であり、人間であっても成長期にはかなり重要ですし、筋肉を付けるためにも必要不可欠な成分だと言えるでしょう。人間の場合には雑食なので、動物性の食べ物以外からもたっぷりと栄養補給が可能になっています。

しかし犬は肉食なので、普段食べているドッグフードも動物性の食品に使用されている栄養素が多くなっているのです。そんな中でもタンパク質はかなり重要であり、犬の成長や健康維持には欠かせません。最近はいろいろな種類のドッグフードが販売されているので、よく成分表示を確認して、よい種類のプレミアムドッグフードを選びましょう。

人気のドッグフード

人間の食事に使用する食材や調味料であっても、種類によって味も栄養素も異なっているように、ドッグフードもやはり種類によって全く違っているのです。安くてペットショップなどの専門店やホームセンター以外でも取り扱っているような種類から、かなり高級な物まで存在しているのですが、中にはプレミアムドッグフードと呼ばれているような種類も存在しているのです。さらには安心安全なドッグフードでなければ愛犬に与えることはできないでしょう。

国産であれば大半が安心安全なのですが、近年は何でも輸入に頼る傾向にあるので、危険な外国産もたくさん流通しています。もちろん外国産が全て危険というわけではありません。問題なのは信頼できるメーカーの商品なのかという点でしょう。現在ではインターネットでいろいろな情報収集ができるので、より安全で栄養素の高いドッグフードを選ぶのがよいでしょう。栄養面に関しても、バランスが取れていていろいろな成分が含まれている種類がおすすめです。

中でも高タンパクな物がおすすめできます。なぜなら犬というのは肉食動物です。従来は動物性の食事だけで健康に生きていける生き物なので、逆に動物性の栄養素が欠けてしまうと、健康面で被害が出てしまうのです。このような事態を避けるためには、高タンパクで安心安全なプレミアムドッグフードがよいと言えるでしょう。当サイトではドッグフードの中でも、安全で高タンパクなプレミアムドッグフードと呼ばれている種類について紹介させていただいています。